最終更新:2006.02.18
 
電算記号:MT

他線区同様、VVVF制御・アルミ車体のシリーズは南大阪線でも2連の6400系シリーズの増備が続けられた。平成5/1993年3月になって6422系の4連版として製造されたのが6620系である。標準軌線の1249系と1026系の関係に相当するが、最初の2編成はMc・Mともパンタグラフが2基で製造され、平成8/1996年の増備車から1基に変更された。後に最初の2編成は以降の増備車と同様1基化に改造されている。平成10/1998年2月までに7編成が製造された。

   
南大阪線初の4連VVVF車、MT21。写真は登場時のオリ     平成11/1999年3月〜平成14/2002年12月の間、
ジナル塗装(旧塗装)、2基パンタグラフの姿。                       YOSHINO Foresta塗装というペイント列車だったMT23。
                                         【2001.07.21 今川〜針中野】    現在は標準塗装に戻されている。
                                提供:Railway Wonderland/Lala氏                                     【2002.04.14 橿原神宮前〜岡寺】
                                                                                                                   提供:Railway Wonderland/Lala氏

   
MT21に続いて登場したMT22も2基パンタグラフで登場。     7編成中MT22・MT24は、1020系と同様に連絡防止幌
写真は新塗装化後、パンタグラフ1基化・バリアフリー化改     や乗降扉上部のLED案内表示器、ドアチャイムの取付けな
造前の姿に『快速急行|吉野』ゆき『さくら号』。                    ど、バリアフリー化工事が行われている。
                     【2002.04.06 橿原神宮西口〜橿原神宮前】                                         【2003.06.03 矢田〜河内天美】
                               提供:Railway Wonderland/Lala氏


《主制御装置》

主制御装置VF-HR-114A。6422系/6432系用と同じ
ものを搭載しているが、点検蓋が若干変更されている。


《補助電源装置》

補助電源装置には静止型インバータ・INV-094。
これも6422系/6432系と同じものを使用。


《集電装置》

パンタグラフには下枠交差式のPT-48を使用。写真はモ66
20形のもので、ヒューズボックスのうちの左側が母線引き通
し用のヒューズボックスとなる。


モ6620形の屋根上の様子。大阪阿部野橋寄りのパンタグラフが残り、吉野寄り奄フパンタグラフが撤去されている。


モ6670形の屋根上の様子。大阪阿部野橋寄りのパンタグラフが撤去されており、吉野寄り奄フパンタグラフが残され
ている。


《台車》
   
台車は6422系と同じKD-305(軸距2200mm)。                  ク6720形/サ6770形用中間付随台車KD-305A。
写真はク6720形用台車KD-305A。写真右が車端方向で
、台車の同方向には排障器と増粘着材噴射装置が設けられ
ている。


《転落防止幌》

MT22、MT24に取り付けられた連絡防止幌。6432系のもの奄ニ同じであるが、幌座
が車体色ではなくグレーである。


《空調装置》

ユニット式(集約分散型)クーラー・CU−19E。近鉄グルー
プ全体で標準の空調装置。クーラーキセが全形式共通で4
台分連続したスタイルは6400系や標準軌線用1220系な
どと同じである。


《案内表示装置》

MT22・MT24には、乗降扉上部にLED案内表示装置が
設置されている。


LED案内表示器のスクロール表示の様子。
写真の文面は『
ご乗車ありがとうございます。この電車は、河内長野行きの準急です。次は河内松原です。


 《諸元表・編成表》
形式
モ6620

サ6770

モ6670

ク6720
定員(座席定員) 149(52) 158(62) 158(62) 149(52)
自重 35.0t 28.0t 34.0t 29.0t
車体サイズ
[長さ×幅×高さ]
20,720×2,800×4,150 20,720×2,800×4,040 20,720×2,800×4,150 20,720×2,800×4,040
制動装置 電磁直通空気ブレーキ
HSC−R
電磁直通空気ブレーキ
HSC
電磁直通空気ブレーキ
HSC−R
電磁直通空気ブレーキ
HSC
制御装置
(製造/制御形態)
GTO方式VVVFインバータ
VF−HR−114A
(日立製/1C4M制御)
GTO方式VVVFインバータ
VF−HR−114A
(日立製/1C4M制御)
集電装置 下枠交差式パンタグラフ
PT−48 1基
下枠交差式パンタグラフ
PT−48 1基
主電動機
(製造/出力)
三相かご形誘導電動機
MB−5020A
(三菱製/155kW)
三相かご形誘導電動機
MB−5020A
(三菱製/155kW)
駆動方式
(歯車比)
NW継手平行カルダン式
(16:101)
NW継手平行カルダン式
(16:101)
補助電源装置
(出力)
静止型インバータ
INV−094 (70kW)
静止型インバータ
INV−094 (70kW)
電動空気圧縮装置
(圧縮能力)
消音型レシプロ式
HS−10
(1000L/min)
消音型レシプロ式
HS−10
(1000L/min)
台車 軸梁式軽量ボルスタレス台車
KD−305 KD−305A KD−305 KD−305A
空調装置
(製造/出力)
屋根置き形ユニット方式
CU-19E (三菱製/10500kcal/h)
4台/両
編成番号
モ6620

サ6770

モ6670

ク6720
MT21 6621 6771 6671 6721
MT22 6622 6772 6672 6722
MT23 6623 6773 6673 6723
MT24 6624 6774 6674 6724
MT25 6625 6775 6675 6725
MT26 6626 6776 6676 6726
MT27 6627 6777 6677 6727