最終更新:2006.07.14
 
電算記号:FT

昭和58/1983年と翌年に製造された南大阪線用の界磁チョッパ車で角張った車体にモデルチェンジされた。名古屋線1200系同様の1C4M制御のMc-Tc編成で4本が製造された。他線区の界磁チョッパ車に設けられている抑速ブレーキは省かれている。

   
ここ最近重連運転が目立っている6600系。写真はFT03+    吉野口への単行運転運用中のFT02。
FT04。                                        【2005.05.12 二上山】                                                【2005.08.21 橿原神宮前】

   
4編成中唯一、転落防止幌を装着していないFT01。車いす    河内松原駅で顔を並べたFT02とMi32。クーラーキセ長さ
スペース確保の改造も行われていない。                              や、運転席後部窓の有無など、大きく違いがわかる。
                               【2003.10.09 高見ノ里〜河内松原】                                                   【2003.09.30 河内松原】


《主制御装置》

界磁チョッパ装置、MMC-HTR-10E。


《補助電源装置》

補助電源装置、MG/HG77463で、左の丸い装置が電動
発電機本体、右のボックスが制御装置。出力は70kW。以
降、6400系〜6413系でも使用されることとなる。


《集電装置》

下枠交差式パンタグラフ、PT-48。回生制御時の離線対策として1両に2基装備する。


《台車》
   
M車用台車KD-90。車輪径は910mm。主電動機はMB    T車用台車KD-90A。車輪径880mmである。先頭台車に
-3287AC(150kW)。                                                     は増粘着材噴射装置が4編成とも実装済みである。


《電動空気圧縮装置》

近鉄2連編成用CP、HS-10とアフタークーラー。
ク6700の大阪阿部野橋方向かって右に実装されるが、ス
ペースの関係上6020系や6400系と異なり、縦に実装さ
れる。新製時は旧車から流用のD-3-Fだった。


《転落防止幌》
 
FT02とFT03に取り付けられた転落防止幌。6020系のものと同じであるが、FT02の幌座色はグレーであるのに対し、FT03とF
T04の幌座は車体色と同じマルーンに塗装された。平成18/2006年7月の定期検査時にFT02の転落防止幌の幌座もグレーからマ
ルーンに変更となった。FT01奄ヘ転落防止幌は取り付けられていない。


《空調装置》

ユニット式(集約分散型)クーラー・CU−19。近鉄グループ
全体で標準の空調装置。クーラーキセが4台分連続したス
タイルは名古屋線用1200系ク1300形と同じである。



パンタグラフ付き車両のクーラー配置は名古屋線用1200系モ1200形に準じたスタイルで、車端部が1台・中央部が
2台となっており、中央部の2台でキセが連続する。

 《諸元表・編成表》
形式
モ6600

ク6700
定員(座席定員) 170(58) (FT01)
170(54) (FT02〜FT04)
170(58) (FT01)
170(54) (FT02〜FT04)
自重 39.0t 36.0t
車体サイズ
[長さ×幅×高さ]
20,720×2,740×4,150 20,720×2,740×4,055
制動装置 電磁直通空気ブレーキ
HSC−R
電磁直通空気ブレーキ
HSC
制御装置
(製造/制御形態)
界磁チョッパ
MMC−HTR−10E
(日立製/1C4M制御)
集電装置 下枠交差式パンタグラフ
PT−48 2基
主電動機
(製造/出力)
直流複巻電動機
MB−3287AC
(三菱製/150kW)
駆動方式
(歯車比)
NW継手平行カルダン式
(15:93)
補助電源装置
(出力)
MG発電機
HG−77463(70kW)
電動空気圧縮装置
(圧縮能力)
消音型レシプロ式
HS−10
(1000L/min)
台車 シュリーレン式空気バネ台車
KD−90 KD−90A
空調装置
(製造/出力)
屋根置き形ユニット方式
CU-19 (三菱製/10500kcal/h)
4台/両
編成番号
モ6600

ク6700
FT01 6601 6701
FT02 6602 6702
FT03 6603 6703
FT04 6604 6704