最終更新:2006.06.16
 
電算記号:

昭和43/1968年3月から5年にわたって増備された系列。編成は3連と4連の2種あり、また途中から主制御装置のNMCからMMCへの変更と同時にMcとMの主要装置の取り付けを逆に入れ換えた形とするなど、艤装に大きな変化があったが、基本性能は変わらない。
 昭和55/1980年から冷房化され、昭和62/1987年から車体更新を実施し、全車とも幕式の行先表示装置付きとなっている。さらに近年では2度目の車体更新(B工事)を受ける編成も多くなっている。
 平成13/2001年には6000系T車を組み込んでいた1編成(C37)が養老線に転用された。
 さらに、平成16/2004年1月にはトップナンバーのC21が、同年12月にはC27がそれぞれ廃車となった。

   
6000系の延長上として製造されたが、とうとう廃車となって   最後の増備車となったC77。              【2005.05.12 古市】
しまったC21。                                  【2003.12.23 高鷲】

   
6020系の異端児、C41。唯一下枠交差式パンタグラフPT     2回目の車体更新(B工事)を実施し、出場間もないC67。
-48を2基搭載する。後の編成も一部PT-48化されたが、       この他にも数編成がB更新を実施したが、転落防止幌を実
伊賀線860系冷房化時に転用しPT-42に戻された。残っ       装したのは後期型(MMCグループ)に限られている。
たC39、C41の2編成のうちC39は養老線に転属となった                                                       【2003.10.07 藤井寺】
為、C41のみがPT-48搭載編成となった。
                                      【2003.06.03 矢田〜河内天美】


養老線転属後、625系D25となった元6020系C37。
転属の際、中間車6000系サ6109を編成分割し3連とし、
モ6038を電装解除した上でパンタグラフを1基化(PT-48)
した。またサイクルトレイン対応の為、車外スピーカーを取り
付けている。                  【2005.09.13 養老線・美濃松山】


《主制御装置》

主制御装置は日立製。C23〜C41奇数番車に実装のNMC-HTB-20Aと、C43〜C77偶数番車に実装のMMC-HTB
-20K堰BあとC21のみに実装されていたNMC-HTB-20がある。



NMC編成(C39)とMMC編成(C75)の床下機器の配置の違い。主抵抗器が入れ替わってるなど、大きな違
いがわかる。


《補助電源装置》
 
補助電源装置MG130S。左奥がMG発電機本体で中央
が制御装置。出力は120kWで6020系全編成で共通。


《集電装置》
   
6020系の標準のパンタグラフにはPT-42を2基装備する。   C41/モ6042のみ下枠交差式パンタグラフ・PT-48を2基
                                                                                    装備する。


《台車》
   
6020系用台車KD-61シュリーレン台車。                          C43/モ6043の台車KD-61Bシュリーレン台車。増粘着
                                                                                    材噴射装置を装備するタイプ。


《電動空気圧縮装置》

C-2000Mとアフタークーラー。C21〜C41偶数番車、
C57〜C77奇数番車に搭載。JR103系や南海6200系、
近鉄9000系など、利用されている最も多いCPのひとつ。
 C-2000M 動作音/01:20/654KB


HS-10とアフタークーラーの一部。C43〜C55奇数番車に搭載。大阪阿部野橋方向かって左、苑蜊繹「部野橋方
向かって右の2基搭載しているが、の写真のCPの奥に奄フ写真のCPが隠れている。車両新製時は旧車から流用の
D-3-Fが2基搭載されていた。
 HS-10 動作音/00:54/446KB


《転落防止幌》
   
6020系B更新車(写真はC51)の転落防止幌。                  2004年5月上旬にB更新を終えたC59の転落防止幌。
                                                                                    最近近鉄グループ全車に実装されている、幌座が一体化し
                                                                                    たもので、幌座全体がマルーンに塗装されている。


《空調装置》
   
ユニット式(集約分散型)クーラー・CU−19。近鉄グループ     パンタグラフ無し車両がユニットクーラー2台でキセが連続し
全体で標準の空調装置。もともと換気装置にラインデリアを     ているのに対して、パンタグラフ付き車両はユニットクーラー
装備して新造されている為、パンタグラフ無し車両はクーラ      4台でキセが連続する。パンタグラフ下にはラインデリアのカ
ーユニット2台でキセ(本体カバー)が連続、キセ無し部分は     バーが連なる。
ラインデリアのカバーが連なる、近鉄旧車独特のフォルムと
なっている


《その他》

C67(写真はク6144)の乗務員室扉の降下窓がシリーズ21タイプのものに交換されている。C25/ク6123奄フも
のと見比べれば一目瞭然である。


2006年5月上旬にB更新から出場したC75は乗降扉1面目と2面目および3面目と4面目の間の側面降下窓が、シリ
ーズ21の側面窓と同タイプの1面固定窓に変更されており、ガラスも複層となっている。また、日除けカーテンもシリーズ
21と同じ物へと変更となっている。


同じく2006年5月上旬にB更新から出場したC75は、6400系Mi06や東大阪線7000系更新車と同じ柄のモケットシ
ートへ変更となっている。

 《諸元表・編成表(C21〜C41)                                                                          ★T車を抜いた3連でも運転が可能
形式
モ6020(奇数)

モ6020(偶数)

サ6160

ク6120
定員(座席定員) 170(58) 190(64) 190(64) 170(58)
自重 37.0t 35.0t 27.0t 30.0t
車体サイズ
[長さ×幅×高さ]
20,720×2,709×4,032 20,720×2,709×4,150 20,720×2,709×4,032
制動装置 電磁直通空気ブレーキ
HSC−D
電磁直通空気ブレーキ
HSC
制御装置
(製造/制御形態)
NMC型直並列抵抗
NMC−HTB−20
(日立製/1C8M制御)
(C21のみ)

NMC−HTB−20A
(日立製/1C8M制御)
(C21以外)
集電装置 菱形パンタグラフ
PT−42 2基
(C37,C41以外)

下枠交差式パンタグラフ
PT−48 2基
 (C37,C41)
主電動機
(製造/出力)
直流直巻電動機
MB−3082A
(三菱製/135kW)
駆動方式
(歯車比)
NW継手平行カルダン式
(15:92)
補助電源装置
(出力)
MG発電機
MG−130S(120kW)
電動空気圧縮装置
(圧縮能力)
レシプロ式
C-2000M (2000L/min)
台車 シュリーレン式空気バネ台車
KD−61B(C21〜C39)
KD−61D(C41)
KD−61C(C21〜C39)
KD-61E(C41)
空調装置
製造/出力)
屋根置き形ユニット方式
CU-19 (三菱製/10500kcal/h)
4台/両
編成番号
モ6020(奇数)

モ6020(偶数)

サ6160

ク6120
C21(廃車) 6021 6022 6161 6121
C23 6023 6024 6122
C25 6025 6026 6123
C27(廃車) 6027 6028 6162★ 6124
C29 6029 6030 6163 6125
C31 6031 6032 6164★(廃車) 6126
C33 6033 6034 6165★(廃車) 6127
C35 6035 6036 6128
C37(養老線転属) 6037(D25/モ625) 6038(D25/サ565) 6109★(D11/サ571) 6129(D25/ク525)
C39 6039 6040 6166★ 6130
C41 6041 6042 6131

 《諸元表・編成表(C43〜C77)                                                                          ★T車を抜いた3連でも運転が可能
形式
モ6020(奇数)

モ6020(偶数)

サ6160

ク6120
定員(座席定員) 170(58) 190(64) 190(64) 170(58)
自重 35.0t 37.0t 27.0t 30.0t
車体サイズ
[長さ×幅×高さ]
20,720×2,740×4,032 20,720×2,740×4,150 20,720×2,740×4,032
制動装置 電磁直通空気ブレーキ
HSC−D
電磁直通空気ブレーキ
HSC
制御装置
(製造/制御形態)
MMC型直並列抵抗
MMC−HTB−20K
(日立製/1C8M制御)
集電装置 菱形パンタグラフ
PT−42 2基
主電動機
製造/出力)
直流直巻電動機
MB−3082A
(三菱製/135kW)
駆動方式
(歯車比)
NW継手平行カルダン式
(15:92)
補助電源装置
(出力)
MG発電機
MG−130S
(120kW)
電動空気圧縮装置
(圧縮能力)
消音型レシプロ式
HS-10 (1000L/min)
2基
(C43〜C55)

レシプロ式
C-2000M (2000L/min)
(C57〜C77)
台車 シュリーレン式空気バネ台車
KD−61B(C43〜C63)
KD−61F(C65〜C77)
KD−61C(C43〜C51)
KD−61G(C69)
KD−61C(C43〜C69)
KD−61G(C71〜C77)
冷房装置
製造/出力)
屋根置き形ユニット方式
CU-19 (三菱製/10500kcal/h)
4台/両
編成番号
モ6020(奇数)

モ6020(偶数)

サ6160

ク6120
C43 6043 6044 6167 6132
C45 6045 6046 6168 6133
C47 6047 6048 6169 6134
C49 6049 6050 6170★ 6135
C51 6051 6052 6171★ 6136
C53 6053 6054 6137
C55 6055 6056 6138
C57 6057 6058 6139
C59 6059 6060 6140
C61 6061 6062 6141
C63 6063 6064 6142
C65 6065 6066 6143
C67 6067 6068 6144
C69 6069 6070 6172★ 6145
C71 6071 6072 6146
C73 6073 6074 6147
C75 6075 6076 6148
C77 6077 6078 6149