最終更新:2006.06.19
 
電算記号:SL

南大阪線・吉野特急の新しいシンボルとして平成2/1990年に誕生したのが「さくらライナー」26000系である。ハイグレードなサービスを提供すべく、内外ともに一新され、その流れはアーバンライナー譲りであるが、観光特急としての性格上より展望を重視した設計となった。
 4両編成の全電動車編成で、正面デザインは流線型で超大型ガラスにより、客室からの展望は抜群である。車内は愛称にふさわしく、さくらをイメージしたピンクの丸みのあるシートとカーテンなど明るい雰囲気を演出している。間接照明や荷棚灯などアーバンライナーに準じているが、側窓は上下寸法が拡大されてワイドな眺めを提供している。平成2/1990年、グッドデザイン商品に認定されている。
 さくらライナーは翌年に1編成が増備され、現在2編成となって、重連による8連も運転されている。

   
吉野川の橋梁を渡り、吉野まであと一歩の吉野神宮駅に入    吉野を向いて大和川橋梁を渡るSL02。ホワイト地に窓周り
線してきたSL01。                      【2004.04.07 吉野神宮】    をライトグレー、袖にはグリーンのグラデーションという明るく
                                                                                     て落ち着いたカラーリングである。
                                                                                                                          【2003.06.03 矢田〜河内天美】
   
土日祝ダイヤでは、さくらライナーが定期検査に入らない限り    さくらライナーの車体側面にプリントされた『SL』ロゴ。
8:00と11:00に吉野口駅での行違いに遭遇できる。
                                                   【2006.03.05 吉野口】

さくらライナーとして運転される特急のうち、吉野6:54発大阪阿部野橋8:17着のさくらライナーは、橿原神宮前⇒大阪阿部野橋間で重連による8連で運転される。この編成は橿原神宮前7:34着後、同駅7:37発の3分の間に大阪阿部野橋方に4連増結する。非貫通先頭車同士の増結は近鉄グループではさくらライナーだけである。
   
SL01先頭。              【2003.10.16 高見ノ里〜河内松原】   SL01先頭。                              【2003.10.09 河内天美】

   
SL02先頭。              【2004.04.07 高見ノ里〜河内松原】   SL02先頭。                              【2003.10.17 河内天美】

   
先頭面連結部。          【2004.04.07 高見ノ里〜河内松原】    通勤特急から開放されたY09+Y11を横目に・・・   
                                                                                                                                    【2003.10.09 河内天美】


《主制御装置》
 
主制御装置はMMC-HTB-20U。タイプ的には6020系後
期形や6200系用と同じ。


《補助電源装置》

補助電源装置はDC-DCコンバータ+SIV、COV-007(70kW)


《集電装置》

6400系や16400系と同じく、下枠交差式パンタグラフ、PT
-48を吉野方より1両目および3両目に2基ずつ装備する。


《台車》

台車は全てKD-99。先頭車用は排障器付き、中間車用奄ヘ速度検出装置付き。主電動機はMB-3308A(95kW)
で全電動車仕様の為出力は小さい。


《電装空気圧縮装置》

6400系以降標準となっているHS-10を、吉野方より2両
目および4両目に1基ずつ装備する。


《空調装置》

アーバンライナーと同じくヒートポンプ式ユニットクーラー・
RPU-2217を1両につき3基装備する。


《その他》

定期検査時、橿原神宮前台車振替場から五位堂検修車庫へ回送する際4両を一度に回送できない為、モ26200形と
モ26300形は半永久連結器ではなく密着連結器(手動開放)で連結されている(画像)。またモ26300形には簡易
運転台が装備されており、連結面上部には簡易シールドビームが装備されている(画像堰j。




SL01とSL02の標識灯の配列の違い。上がSL01で下が
SL02である。


平成16/2006年2月上旬に、乗降口上部に座席案内ピクトグラムのステッカーが貼り付けられた。


《諸元表・編成表》
形式
モ26100

モ26200

モ26300

モ26400
定員(座席定員) 56(56) 56(56) 56(56) 56(56)
自重 45.0t 43.0t 44.0t 44.0t
車体サイズ
[長さ×幅×高さ]
20,700×2,800×4,150 20,500×2,800×4,050 20,500×2,800×4,150 20,700×2,800×4,050
制動装置 電磁直通空気ブレーキ
HSC−D
制御装置
(製造/制御形態)
MMC型直並列抵抗
MMC−HTB−20U
(日立製/1C8M制御)
MMC型直並列抵抗
MMC−HTB−20U
(日立製/1C8M制御)
集電装置 下枠交差式パンタグラフ
PT−48 2基
下枠交差式パンタグラフ
PT−48 2基
主電動機
(製造/出力)
直流直巻電動機
MB−3308A
(三菱製/95kW)
駆動方式
(歯車比)
NW継手平行カルダン式
(21:80)
補助電源装置
(出力)
DC−DCコンバータ+SIV
COV−007(70kW)
DC−DCコンバータ+SIV
COV−007(70kW)
電動空気圧縮装置
(圧縮能力)
消音型レシプロ式
HS−10
(1000L/min)
消音型レシプロ式
HS−10
(1000L/min)
台車 シュリーレン式空気バネ台車
KD−99
空調装置
(製造/出力)
屋根置き形ユニット方式(ヒートポンプ式)
RPU-2217 (東芝製/10500kcal/h)
3台/両
編成番号
モ26100

モ26200

モ26300

モ26400
SL01 26101 26201 26301 26401
SL02 26102 26202 26302 26402