記事記述:2017.03.04


 近鉄では南大阪線のターミナル駅である大阪阿部野橋で、転落事故防止用の可動ホーム柵の実証実験を行うとしているが、この程、主に準急が停車する3番ホームに、ホーム柵の支柱が立てられる予定らしき支柱マーカーが記されているのを確認した。
 3月2日の段階ではマーカーは記されていないのを確認しているので、3月3日のうちにマーキングされたものと思われる。

今後どのように設置工事が行われていくのかが注目される。


ホーム柵柱設置の位置を示すマーカーが打たれた、大阪阿部野橋駅3番ホーム床面。
車両番号「6503」が示すよう車両中央部と、車両連結部の位置に柵柱マーカーが打たれている。
【2枚とも 2017.03.03 22:32頃 大阪阿部野橋】