記事記述:2014.11.05

 毎年10月14日『鉄道の日』に因んで行われる『きんてつ鉄道まつり』が、昨年に引き続き五位堂検修車庫と同日開催で高安車庫でも行われた。
きんてつ鉄道まつり開催に合わせ、高安駅には急行の臨時停車、20000系『楽』の乗車体験として高安駅〜五位堂駅間での輸送運転、をそれぞれ行った。



きんてつ鉄道まつり会場となった高安車庫の入り口付近のようす。


(9)はたらく保線車両 乗車体験・展示

高安検修センターに入ってまず目に付いたのがバケット車による高所作業の実演。


(13)あおぞら復刻塗装車両展示
 
15200系PN04編成『復刻あおぞら』号の展示と、20100系初代『あおぞら』号の紹介写真の展示。PN04編成には初代『あおぞら』号のエンブレムが掲出された。


(4)運転台カットモデル展示

元『あおぞら』用18400系PK09編成の復刻塗装で廃止された状態での先頭部モデルの展示。


(★)休憩電車

休憩電車として留置中の1400系FC05編成。車内を大阪上本町方に足を進めると、右手に車体更新を終えた2800系AX14と、それを牽引しようとしている入換用1654号機が見えた(画像堰j。


(★)その他

検修棟内には、車体更新中の2610系X24編成のうちの2両が留置されていた。