記事記述:
2014.02.04


 スクリーンタイプの転落防止幌を装備している編成のうち、6432系Mi33の転落防止幌がポールタイプの転落防止装置に交換されている。
スクリーンタイプの転落防止幌は、過去にゴムスクリーン部の脱落を起こす等のトラブルが多発、一部編成の転落防止幌は幌座とゴムスクリーンをボルトで固定補強する対策が取られていたが、その対策を行っていなかったMi33の転落防止幌に対して、ポールタイプの転落防止装置への交換としたもよう。

 今後も同じ対策を取られる編成が多く発生するものと見られる。



スクリーンタイプの転落防止幌から、ポールタイプの転落防止装置へと交換となった6432系Mi33のサイドビュー。
【2014.02.03 16:00頃 道明寺 (スマホによる撮影)】


Mi33に装着されたポールタイプ転落防止装置の近影。普段ワンマン運転を行う道明寺線で
この姿の編成を目にするということに違和感を覚える。
【2枚とも 2014.02.03 16:00頃 道明寺 (スマホによる撮影)】