記事記述:2013.11.03
                                                                                                                                                                                                                                     

 毎年10月14日『鉄道の日』に因んで行われる『きんてつ鉄道まつり』が、昨年に引き続き五位堂検修車庫と同日開催で高安車庫でも行われた。
 きんてつ鉄道まつり開催に合わせ、高安駅には急行の臨時停車、高安駅〜五位堂駅間で2日(土)には奈良線系5800系6両編成の前後に電動貨車モト70形をつないで運転、モト70形の愛称から『マンモス号』としてヘッドマーク掲出で運転された。
ちなみ同列車は3日(日)は20000系『楽』での運転となった。


きんてつ鉄道まつり会場となった高安車庫のようす。


(1)洗車体験

事前予約制で体験できるコーナーのひとつ。車両は大阪線1400系FC02。


(6)あべのハルカス紹介コーナー(模型展示)
 
2014年3月グランドオープンを前に、解説と模型展示を行うコーナー。沢山の人が足を止めていた。


(7)軌陸車実演

作業用トラックがレールの上を走る、という軌陸車の実演。


(9)体験しよう!線路の仕事

保線作業の工具を実際に手に取り、作業体験しようというコーナー。


(12)鉄道グッズ、記念きっぷ等の販売

線路際の部品や標識が所狭しと陳列されていた。


※急行の高安駅臨時停車

伊勢方面ゆき急行は通常は『宇治山田』ゆき・『青山町』ゆきが主であるが、伊勢神宮式年遷宮に伴い『宇治山田』ゆきは『五十鈴川』ゆきとなっている。


※『マンモス号』運転

奈良線系5800系DH02(6両編成)を前後でそれぞれ電動貨車モト70形MF78(伊勢方)、MF77(大阪方)に連結し、事前申し込みの客扱いで運転したようす。


方向幕『貸切』(画像)と、電動貨車に掲出されたヘッドマーク(画像堰j。