記事記述:2013.09.08
                                                                                                                                                                                                                                       

 定期検査時に乗降扉の付け根/戸袋の指詰め防止のための警告表示に、扉付け根に黄色のテープが貼られ、大阪阿部野橋方先頭車の先頭妻面連結部の渡り板が大型のものに交換、中間連結部の渡り板が中板付きのものに交換、というケースが続いているが、6020系初期車(NMC制御/C21*1〜C41)のうちのC29も、大阪阿部野橋方先頭車C#6125の先頭妻面連結部の渡り板が大型のものに交換、乗降扉の付け根/戸袋の指詰め防止のための警告表示に、扉付け根に黄色のテープが貼られている。

 また、戸袋の指詰め防止の警告表示に、黄色のテープが貼られるケースは、2連車にまで波及し始めている。今回確認できたのは6432系Mi23で、この編成の中間連結部の転落防止幌台座が近鉄マルーン1色となっている。これは、同系Mi25、6620系MT22などと同じである。

 
先頭妻面の渡り板が大型のものに交換されたC29/           扉の付け根に指詰め防止の注意喚起の黄色いテープが貼
C#6125。                                                                  られている。
               【2013.09.06 11:07頃 古市/スマホによる撮影】

 
扉の付け根に指詰め防止の注意喚起の黄色いテープが貼    Mi23/C#6523-6423#C連結部の転落防止幌台座
られた6432系Mi23。                                                    が近鉄マルーン1色に塗装されている。
               【2013.09.06 11:00頃 古市/スマホによる撮影】