記事記述:
2013.08.06
                                                                                                                                                                                                                                       

 6200系U03が、2度目の車体更新(通称B更新)を終えて、営業運転に復帰している。
今回のB更新は26000系SL02の更新工事以来1年10ヶ月ぶり、6200系U03の更新工事以来4年2か月ぶりとなる。

 今回の同編成の更新工事では、車体側面の扉表示灯、故障通報灯が赤/橙のレンズがクリアレンズになり、発光素子にLEDを採用し視向性が良くなっている。また乗降扉の付け根/戸袋の指詰め防止のための警告表示に、扉付け根に黄色のテープが貼られている。
更に、車両連結部の渡り板が、南大阪線にはなかった中板付きのものに交換されている。

 今回の改良内容が、今後の通勤車両の車体更新工事の基本となるだろう。



B更新を終えた6200系U07。                        【2013.08.05 9:42頃〜9:56頃 河内松原(画像)/藤井寺(画像堰j】

 
扉の付け根には指詰め防止の注意喚起と思われる黄色いテープが貼られている。出入り口床面はここ近年の床材更新    ク6204に設けられた車椅子スペースには避難はしごも設
に使用されている滑り止め素材が継続して使用されている。                                                                                    置されている。


従来の色つきレンズからクリアレンズに交換、発光素子もLEDとなった扉表示灯(画像・)と故障通報等(画像堰j。


扉表示灯の点灯した状態。3面方向へのLED配置となり、視向性が良くなっている。


扉表示灯と故障通報等の見かけの違い。6200系U07/ク6304(画像)と従来タイプの6020系C41/モ6041
(画像堰j。


扉上部の雨樋が、従来のエンド部分が下方向にカーブしていたが、今回装着された雨樋はコスト削減のせいか、直線的
なものにかわっている。6200系U07/ク6304(画像)と従来タイプの6020系C41/モ6041(画像堰j。

 
中間連結部の渡り板は、奈良線系統に車両で見られる中板   電動空気圧縮装置は同系U01のようにD-3-F型からHS
付きのものとなった。                                                         10型への換装とはならなかった。


車体更新時に新型ATS/デッドマン装置も装備したもよう。