記事記述:
2013.07.03
                                                                                                                                                                                                                                       

 4月下旬で運用から離脱した16000系Y05(C#16105-16005)/Y06(C#16106-16006)の2編成は、その後天美検車区での留置が続いている。
同編成は、吉野線用観光車両へとリニューアルさせる方針を近畿日本鉄道は報じているが、定かではない。
リニューアルするにせよ、廃車へと方針転換するにせよ、高安検修センターへ移動することな間違いないと思われる。
今後の動きが気になるところ。

 
天美検車区/天美車庫14号線の検査棟最奥に留置されている16000系Y06。台車を見ると空気バネにしっかり空気    同じく天美検車区/天美車庫19号線に留置されている同
が入っていることから、定期的にパンタ上げ/蓄電池充電/エア充填が行われ、装置劣化を防いでいるようにも伺える。    系Y06。2ヶ月も留置が続いている車体には見えない。
                                                                                  【2枚とも 2013.07.03 9:39頃 天美車庫(車庫外から撮影)】             【2013.07.03 9:55頃 天美車庫(車庫外から撮影)】