記事記述:
2013.06.17
                                                                                                                                                                                                                                       

 6月上旬に定期検査を終えた6020系C45の、大阪阿部野橋方先頭車ク6133の先頭面渡り板が、南大阪線古市検車区所属機では目にすることのない、大型渡り板に交換されている。
 この大型渡り板は、今までの奈良線系8000系列やシリーズ21などのものと形状が異なっており、新たに製造されたものと思われる。


渡り板が交換された6020系C45/ク6133の先頭連結面(画像)。同系式のC25/ク6123のものと比べても一目
瞭然。                                                                                  【2枚とも 2013.06.18 11:08頃 高見ノ里〜河内松原】