記事記述:
2013.04.22
                                                                                                                                                                                                                                       

 6620系MT21にポールタイプの転落防止装置が装着された。確認したのは今月9日で、先月末から今月上旬にかけて古市検車区で設置工事が行われたもよう。
 当該編成に転落防止装置が装着されたことで、南大阪線系の通勤車両への転落防止装置装着が完了したことになる。また、特急車両を含めても、廃車前提の16000系Y05〜Y06以外の編成にも転落防止装置の設置が完了しており、実質的に転落防止装置の装備が完了した。

 今後は同系MT22/MT24に装備された先頭車連結部注意喚起装置の、他編成への装備が進み、乗客/利用客への安全対策が一層強化されるものと思われる。


転落防止装置が設置された6620系MT21(画像)、先頭車モ6621(画像堰j。
                                                                                                              【2013.04.09 1.01 15:31頃 河内松原】