記事記述:
2013.03.27
                                                                                                                                                                                                                                       

 2013年3月17日に実施された近鉄2013年度ダイヤ変更にて、長野線富田林駅では、朝と夕方のラッシュ時に行われていた列車の増解結作業をすべて廃止した。増解結作業にかかる人員削減および増解結作業の古市駅統合を目的とするものと推測される。
 これにより、朝の古市出庫の富田林送りの回送列車や、富田林行き準急および富田林ゆき普通の列車を解結することなく折返し運用としている。
 また、これと同時に富田林駅の1番のりば(くだり線のりば)からの当該駅仕立列車の発車も廃止となり、古市・大阪阿部野橋方面への列車はすべて2番のりば(のぼり線のりば)に統一された。


 
ダイヤ変更前まで運転されていた【準急|橿原神宮前・富田林】ゆきの大阪阿部野橋駅での反転式表示装置(画像)と液晶式表示装置(画像)、朝ラッシュに運転されていた
【準急|橿原神宮前・富田林】ゆきに充当される6820系AY22(画像堰j。


【準急|橿原神宮前・富田林】ゆきから変わった【準急|富田林】ゆきの表示。列車の注釈に『後?両は古市で切りはな
し、橿原神宮前行になります』と表示する。