記事記述:
2013.03.15
                                                                                                                                                                                                                                       

 南大阪線系汎用特急車両16000系Y08-Y51のうちのY08運用離脱に伴う、同系Y05による代走運転が3月11日ごろから発生している。
Y08-Y51のどちらかのユニットが定期検査などで分割/運用離脱した時は、通常は同様の改造を行ったデッキありの編成、Y07もしくはY09を代走として連結するが、デッキ無しの編成であるY05を代走に使用するのは2年前の2011年2月以来となる。
 同編成はY06と共に廃車が懸念される編成であるため、続くY51の代走を含め見納めとなる可能性が高い。

なお、今回のY08運用離脱は不明であるが、現在五位堂検修車庫に入場している模様で、この姿が見られる期間は定かでない。


 
平日朝の708列車に充当されている16000系Y05(画像)+Y51(画像堰j。見た目ではクーラーキセの形状で違いが
分かる。細かい点ではパンタグラフ位置の違いや雨樋の有る無し、新型ATSの装備等があるが、基本性能に違いはない。
                                                                                                                  【2枚とも 2013.03.15 8:48頃 今川】


上記708列車運用後、天美車庫に回送となる、通常運用と何ら変わりない。Y05は単独運用できるが、Y08もしくはY51
の代走時はこのまま固定で運用される。                                                  【2枚とも 2013.03.15 9:00〜9:03頃 今川】


Y05とY51の連結部分。デッキ有り、転落防止幌つきと、デッキ無し先頭車の連結には大変違和感がある。                              【3枚とも 2013.03.15 9:01頃 今川】