記事記述:2012.10.28
                                                                                                                                                                                                                                       

 吉野線開業100周年イベントの一つとして、「貸切列車で行く 秋の吉野山『文楽列車〜貸切列車車内で文楽人形を体感〜』」を近畿日本鉄道が企画、10月28日(日)に運転した。貸切列車に使用した編成は、同じく吉野線開業100周年イベントの一環で吉野・飛鳥の風景等を描いたラッピング車両(6620系MT26)で、これに『文楽列車』特製ヘッドマークを掲出し運転した。
 運転時刻は大阪阿部野橋8:00発の臨時ダイヤ系統とした。


   
『文楽列車』ヘッドマークを掲げ、貸切列車に充当された6620系MT26/吉野飛鳥ラッピング編成。                             発車時刻は臨時列車運転時と同じとした。
                                                                                                     【2枚とも 2012.10.28 7:53頃 大阪阿部野橋】                                【2012.10.28 7:50頃 大阪阿部野橋】

   
『文楽列車』ヘッドマーク(画像)と、列車に乗り込んだ、人形浄瑠璃の文楽人形。                                                    参加者定員が少ないため、参加者は大阪阿部野橋方先頭
                                                                                           【2枚とも 2012.10.28 7:54〜7:58頃 大阪阿部野橋】   車両(ク6726)1両に乗り込む。その車両の号車標。