記事記述:2012.09.30
                                                                                                                                                                                                                                       

 吉野線が100周年を迎えるにあたり、吉野・飛鳥の風景を描いた吉野線ラッピング列車を10月1日(月)から運転するが、その列車に6620系
MT26(C#6626-6776-6676-6726)が充当となった。
 29日にはラッピング作業が終了した状態で古市車庫27号線に留置されていた。

 ラッピングは近鉄オフィシャルサイト上で公開されていた近鉄マルーンを基調したものとは違い、白やさくら色、淡い緑や明るい灰色などを下地にしたラッピングであり、春夏秋冬を表現しているようにも見える。


吉野・飛鳥の風景を描いたラッピング列車イメージ。
                               【近畿日本鉄道オフィシャルサイト上のトピックス『吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン』より抜粋】


6620系MT26/モ6626の先頭妻面(画像)と西側側面(画像・堰jのラッピングのようす。白〜さくら色のグラデーションを基調としたラッピングで、吉野山の金峯山寺関連の
ラッピングとしており、窓ガラスにも半透明フィルムを用いたラッピングが施されている。                                                                                   【2012.09.29 10:59頃 古市車庫】


同じく6620系MT26/サ6776以降の西側側面のラッピングのようす。サ6776(画像)は灰〜白のグラデーションを基調、モ6676(画像堰jは白〜淡い緑のグラデーションを基
調とし、モ6626同様、風景や行事のイメージがラッピングされている。                                                                                                       【2012.09.29 10:59頃 古市車庫】