記事記述:2012.09.24
                                                                                                                                                                                                                                       

 2010年2月から行われている、南大阪線大和川橋梁〜河内天美間の阪神高速大和川線立体交差部の工事状況であるが、くだり線の第2仮設路への移行が23日(日)深夜のうちに行われ、同日始発から供用を開始した。のぼり線の第2仮設路移行からちょうど1年経過となる。
 なお、くだり線仮設路は、最終的にのぼり線完成線となる。

 
のぼり列車から見た工事現場。くだり線仮線が、ちょうどのぼり線の延長上に完成されているのが分かる(画像)。が、くだり線進入部分はすこし外側に仮設されている(画像堰j。
                                                                                                                                                                                             【3枚とも 2012.09.23 矢田〜河内天美】


くだり列車から見た工事現場。くだり線第1仮設路がまだ綺麗な状態で残る(画像)。工事現場出口付近の矢田3号踏
切付近に新しく設置された4灯式LED信号機が見える。ちなみにこの踏切に設置されている警報灯は南大阪線では唯一
の『全方位型踏切警報灯』である。                                                            【2枚とも 2012.09.23 矢田〜河内天美】


お詫び: くだり線第2仮設路の進捗状況を『阪神高速大和川線立体交差部の工事状況(8)』として掲出する予定でしたが、諸事情により掲出でき
      ませんでしたので、当該記事を欠番とさせていただきます。