記事記述:2012.09.11
                                                                                                                                                                                                                                       

 吉野線100周年を記念して『復刻ラビットカー』として塗装変更を行った6020系C51が、営業運転を開始した。
同編成は9月8日(土)の試乗会ののち、当日は運転を終了、翌9日(日)〜10日(月)の足取りはつかめていなかった。
11日(火)は橿原神宮前から尺土ゆきを経て御所線に入線、大阪阿部野橋ゆき準急として朝ラッシュの面々に加わった。

 画像には収めきれていないが、定期検査完了直後は連結幌はマルーンのままだったが、9月8日開催の試乗会では全ての連結幌がグレーのものに交換されている。ただ、ヘッドマークおよび系統板の掲出は9月8日開催の試乗会時の掲出にとどまった。

 
尺土駅で65列車/御所ゆきとして運用中の6020系C51復刻ラビットカー。
                                                                   【2枚とも 2012.09.11 6:35頃 尺土(画像)/6:42頃 忍海(画像堰j】


3752列車/大阪阿部野橋ゆき準急として運用中のC51。この列車は途中古市で富田林から来た編成と併結するが、
標準色とラビットカーの組み合わせはインパクトが強い。
                                                                   【2枚とも 2012.09.11 7:00頃 尺土(画像)/7:56頃 今川(画像堰j】


831列車/橿原神宮前ゆき準急として運用中の6600系FT04+6400系列+C51。
                                                                                                                  【2枚とも 2012.09.11 8:05頃 今川】