記事記述:2012.09.02
                                                                                                                                                                                                                                       

 吉野線100周年を記念して行われる『吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン』の展開内容のうちの1つで、南大阪線でラビットカーのリバイバル塗装車が運転されることになっているが、そのラビットカー・リバイバル塗装車に6020系C51が充当となった。当該編成は定期検査時に五位堂検修車庫にてこの塗装となっており、8月31日(金)の日中から夕方にかけて、五位堂検修車庫を出場、橿原神宮前に回送となった。

 同編成は週明けにも試運転を実施し、9月8日(土)の試乗会を経て営業運転に復帰する予定。

 
ラビットカー塗装となった6020系C51。この画像の撮影時には吉野方2両(モ6051-モ6052)は台車履き替え完了、
大阪阿部野橋方2両(サ6171-ク6136)は電動貨車モト98-97に挟まれたまま北線留置となっていた。
                                                                                               【2枚とも 2012.09.01 6:32〜6:43頃 橿原神宮前】


ラビットカーエンブレムと車両連結部分。エンブレムはオリジナルはステンレスプレートだったが、リバイバル塗装車は養
老鉄道600系D06と同じくシルバー系のステッカーとなっている。連結幌が車体色と同じオレンジバーミリオンもしくはグ
レーとならなかったのが残念。                                                               【2枚とも 2012.09.01 6:41頃 橿原神宮前】


ク6136の側面車番(画像)と先頭車番(画像堰j。両方ともオリジナル通りシルバー仕上げとなっている。
                                                                                                        【2枚とも 2012.09.01 6:42頃 橿原神宮前】

 
定期検査入場時に新型ATS、デッドマン装置も装備した。     同系C63が並んだ1コマ。塗装1つで大きく雰囲気が変わる。
                                  【2012.09.01 6:43頃 橿原神宮前】                                     【2012.09.01 6:34頃 橿原神宮前】