記事記述:2012.08.07
情報提供:Jスルー氏
                                                                                                                                                                                                                                       

 近鉄では、南大阪線系吉野線(橿原神宮前駅〜吉野駅間)が、大正元年(1912年)10月25日に吉野軽便鉄道株式会社が吉野口駅〜六田駅(当時の吉野駅)間を開業し、今年10月で100周年を迎えるにあたり、同線で9月8日(土)〜12月9日(日)の間の3ヶ月間にわたり、『吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン』を展開すると、近畿日本鉄道オフィシャルサイト上で7月23日から告知されている。

キャンペーンの主な内容としては、
(1) 秘宝秘仏特別公開(10月1日(月)〜)
      日本最大の秘仏、金峯山寺の『金剛蔵王大権現』をはじめ、壷阪寺、如意輪寺などの沿線各寺において、秘宝秘仏の公開。
(2) 吉野線100周年関係
      ラビットカーのリバイバル塗装車の運転(9月8日(土)〜)
      吉野・飛鳥の風景を描いた吉野線ラッピング列車の運転(10月1日(月)〜)
      吉野駅での記念イベント
      吉野飛鳥の特産品販売(近鉄百貨店阿倍野本店、吉野ラインマルシェ(大阪阿部野橋駅構内の列車留置による販売)など)
(3) 地元開催イベント


 吉野・飛鳥の風景を描いたラッピング列車に関しては、近畿日本鉄道オフィシャルサイト上のトピックス『吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン』にイメージが掲出されている。イメージの車両形状と使用目的から、今回ラッピング列車に使用されるのは6620系である可能性が高い。


吉野・飛鳥の風景を描いたラッピング列車イメージ。
                               【近畿日本鉄道オフィシャルサイト上のトピックス『吉野飛鳥 近鉄エリアキャンペーン』より抜粋】