記事記述:2012.07.19
                                                                                                                                                                                                                                       

 毎年8月1日に行われるPL教団教祖祭に伴うPL花火芸術の開催にあわせて、南大阪線〜長野線を中心に臨時列車を運転しているが、今年も例年通りPL花火臨として大阪阿部野橋〜富田林間で臨時準急を増発する。その臨時ダイヤの時刻表の掲出が8月17日頃から南大阪線系各駅で始まった。同様に近畿日本鉄道オフィシャルサイト(http://www.kintetsu.co.jp/)でも駅掲出時刻表が閲覧できる。
 今年も昨年に引き続き、大阪阿部野橋発【準急|藤井寺】や【急行|富田林】などの目立った列車は運転されず、また、富田林始発【急行|大阪阿部野橋】も1本の運転にとどまっている。理由の詳細については不明だが、利用客数の減少、通勤客と観覧客の区別化の必要性の低下、複雑なダイヤの解消などが考えられるほか、節電対策の関係もあると思われる。

ダイヤの単純化は、ファンにとってはさみしさが残るところ。



PL花火臨として過去に見られた【急行|富田林】(画像)と、【準急|藤井寺】(画像堰j。この両者はもう見られることは
ないのか?