記事記述:
2012.03.21
記事修正:2012.03.23
                                                                                                                                                                                                                                       

 近鉄グループの2012年度ダイヤ変更で、南大阪線の平日朝の通勤特急の列車運用が変更となり、『さくらライナー』の単独運用から汎用特急車両に変更、捻出した『さくらライナー』2編成を重連として運用を開始した。
 『さくらライナー』重連運転復活は、2011年5月9日の新旧カラー重連運転最終日以来、約10か月ぶりとなる。



508列車に充当された『さくらライナー』26000系重連/SL01+SL02。              【2枚とも 2012.03.21 7:17頃 今川】


 ダイヤ変更後初めての平日ダイヤとなった21日ののぼり・大阪阿部野橋ゆき特急の運用は次のとおり。

列車
番号
吉野発 橿原
神宮前
大阪
阿部野橋
編成
(大阪阿部野橋⇔吉野)
7608 …… 6:10 6:47 Y09
508 5:52 6:39 7:19 SL01+SL02
608 6:44 7:33 8:15 YT02+YT01+Y11+YS02
708 7:23 8:12 8:51 Y08-Y51
808 8:03 8:45 9:23 YS01
3808 8:35 9:14 9:54 Y09
908 …… 9:45 10:21 YT02+YT01
(注)電算記号:Y=16000系、Y11=16010系、YS=16400系、YT=16600系、SL=26000系さくらライナー



7608列車に充当された16000系Y09。
                                            【2012.03.21 6:45頃 今川】

 
608列車に充当された2連車4重連/16600系YT02+YT01+16010系Y11+16400系YS02。
                                                                                                                 【2枚とも 2012.03.21 8:12頃 今川】


708列車に充当の16000系Y08-Y51。
                                      【2012.03.21 8:44頃 河内松原】