記事記述:
2012.03.21
                                                                                                                                                                                                                                       

 近鉄グループの大規模なダイヤ変更が、2012年3月20日に実施された。
南大阪線系でも先に報じられたように、古市〜橿原神宮前間の一部の急行削減、道明寺線と御所線の一部の時間帯の運転本数削減、朝夕の一部の特急列車の古市駅停車、などの変更がある。


 
今回のダイヤ変更で平日ダイヤから消滅した大阪阿部野橋始発・古市ゆき準急の案内表示(画像・)と、その列車に充当の6620系MT22以下7連。この列車は古市駅から橿原神宮前ゆき急行へと列車番号・行先種別変更する系統を取っているものだが、かつての大阪阿部野橋始発・橿原神宮前ゆき急行を、古市までの勘を準急扱いするための措置であった。が、今回、最終的に橿原神宮前ゆき準急に格下げとなった。                                                                                                       【3枚とも 2012.03.16 大阪阿部野橋】


上記の列車が古市駅から橿原神宮前ゆき急行へと行先種別変更した状態、行先案内表示と同列車充当のMT22。
                                                                                                                            【2枚とも 2012.03.16 古市】


20日のダイヤ変更で土休日ダイヤの夜間に1本だけ設定された、吉野ゆき準急の案内表示(画像・)と、ダイヤ変更初日に充当された6020系C43。2006年3月ダイヤ変更
で同列車が消滅して以来、6年ぶりの復活となった。                                                                                                                         【3枚とも 2012.03.20 大阪阿部野橋】


同じくダイヤ変更で、古市駅に停車となった夜間5209列車/吉野ゆき特急の案内表示(画像・)と、同列車に充当、古市駅停車中の16010系Y11以下4連(画像堰j。
                                                                                                                                                                                         【2012.03.20 大阪阿部野橋、古市堰z