記事記述:2010.11.11
                                                                                                                                                                                                                                       

 近畿日本鉄道は、2011年12月31日〜2012年1月4日、1月7日〜1月9日の年末から年始にかけての臨時列車の増発及び延長運転の概要を、今月10日に公表した。
 このなかで、大晦日〜元旦にかけては路線全体で計383本の臨時列車の運転(一部延長運転)を増発、元日〜3日の間は大阪線および南大阪線で計111本増発すると明示されている。
 なお、2010年12月30日(木)〜2011年1月3日(月)の間は全路線土休日ダイヤで運転することも併せて明示している。

 南大阪線系での運転内容は次の通りで、基本的に前回(2010〜2011年の年末年始)の運転本数と変わりない。

1.大晦日〜元旦(終夜運転)
路線 種別 運転区間 本数
南大阪線 特 急 大阪阿部野橋発 ⇒ 橿原神宮前行
橿原神宮前発  ⇒ 大阪阿部野橋行
                           (終夜、約60間隔で運転)
3本
3本
普 通
(一部準急)
大阪阿部野橋発 ⇒ 橿原神宮前行(一部吉野・古市・河内長野行)
橿原神宮前発(一部吉野・河内長野発)  ⇒ 大阪阿部野橋行
                           (終夜、約30間隔で運転)
11本
11本
道明寺線 普 通 道明寺 ⇔ 柏原間
                          (終夜、約30分間隔で運転)
11往復
御所線 普 通 尺土 ⇔ 近鉄御所間
                          (終夜、約30分間隔で運転)
8往復
長野線 普 通 古市発 ⇒ 河内長野行
河内長野発  ⇒ 古市行        (終夜、約30分間隔で運転)
9本
9本

2.元日〜3日の各日
路線 種別 運転区間 日数 本数 延本数
南大阪線 急 行 大阪阿部野橋 ⇔ 橿原神宮前 3日間 11往復 66本