記事記述:2011.09.05
                                                                                                                                                                                                                                       

 『さくらライナー』26000系SL02が9月9日から営業運転に復帰することを受けて、朝の特急列車の編成両数が変更となる。
 変更内容は次のとおり。

9月分平日朝の大阪阿部野橋ゆき特急
列車番号 7608レ 608レ 3608レ 708レ 808レ
始発駅 橿原
神宮前
吉野 吉野 吉野 吉野
発時刻 6:10 6:00 6:47 7:23 8:03
着時刻 6:47 7:21 8:15 8:51 9:23
2両 8両 8両 6両 SL4両
SL4両 6両 8両 6両 SL4両
12 SL4両 6両 8両 SL4両 6両
13 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
14 SL4両 6両 8両 SL4両 6両
15 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
16 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
20 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
21 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
22 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
26 SL4両 6両 8両 SL4両 6両
27 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
28 SL4両 6両 8両 SL4両 6両
29 SL4両 6両 8両 6両 SL4両
30 SL4両 6両 8両 6両 SL4両

 注目すべきは608列車が8両から6両へと減車となるが、唯一4連固定運用の汎用特急編成16000系Y08-Y51が現状通り3608列車の運用に入ると、朝の南大阪線の名物となっていたさくらライナー重連の他に2連車4重連(いわゆるブツ8)も運用終了となってしまうことになる。
このことから、9日以降の特急列車の運用が注目される。


608列車の運用で奇跡の組成となった16000系4重連(Y05+Y06+Y07+Y09/画像)と、VVVFインバータ車4重連
(16600系YT01+YT02+16400系YS02+YS01/画像堰j。この組成は既に見納めとなっていたのだろうか?
                                                                 【画像:2011.07.15 高見ノ里〜河内松原/画像堰F2011.07.29 今川】