記事記述:2011.08.18
                                                                                                                                                                                                                                       

 5月中旬からリニューアル工事の為に高安検修センターに入場していた『さくらライナー』26000系SL02が、リニューアル工事を完了、高安研修センター検修棟7号線から姿を見せた。
 同編成は車体更新およびリニューアル工事を終えた状態ではあるが、車体裾のピンクのグラデーションラッピングおよび縁取りは行われておらず、これからカラーリング作業に入るものと思われる。

 なお、吉野方2両(クモ26102-モ26202)は電動貨車モト97-モト98に連結/移送の準備が整っており、移送先が五位堂検修車庫なのか、橿原神宮前を経て古市検車区に戻されるのか、動向が注目される。


検修棟の外に姿を現した26000系SL02の大阪阿部野橋方先頭車クモ26402。裾部のグレーのラインは塗装されてい
るが、ピンクのグラデーションラッピングと、窓の縁取りはまだ入れられていない。また、画像では分かりにくいが方向幕も
入れられていない状態。                                                                          【2枚とも 2011.08.18 高安研修センター】


この角度では確認できないが新型ATSへの換装もまだのよ
うである。
                       【2011.08.18 高安研修センター】