記事記述:2011.07.29
                                                                                                                                                                                                                                       

 南大阪線系では唯一2編成しか配置されていないシリーズ21/6820系が、春の臨時列車『葛城高原号』以来約2カ月ぶりに重連組成となった。
 重連を確認したのは今朝のラッシュからで、今朝もしくは昨夜のうちに重連となったもよう。
 今回の重連組成も、今年の『開運号』や『さくら号』、『葛城高原号』同様、意図的に組成したものであるが、8月1日のPL教団教祖祭・花火芸術開催に伴う臨時列車運転で、6820系を大阪阿部野橋〜富田林間の輸送から疎開させる意図がある。

 今回は8月1日が月曜日であることから、組成を崩しにくい土日を挟んで金曜のうちに重連としたと考えられる。

 この6820系重連であるが、29日は河内長野→大阪阿部野橋間の準急の増結編成から運用、橿原神宮前・富田林ゆきを経て、吉野⇔大阪阿部野橋間の急行の運用にまで就いている。
 8月1日は、大阪阿部野橋⇔吉野間の急行、もしくは古市以東の普通列車などに充当される可能性が高い。


 
古市から526列車の増結編成に就いた6820系。               526列車の折返し3755列車は橿原神宮前・富田林ゆき。
                                            【2011.07.29 7:26頃 今川】                                              【2011.07.29 7:39頃 今川】

 
810列車では3755列車の折返しの為富田林で増結編成   吉野⇔大阪阿部野橋間の急行運用に就く。先頭は6413系
となる。            【2011.07.01 8:44 古市/833列車内から】   Mi18。          【2011.07.01 17:03頃 高見ノ里〜河内松原】