記事記述:2011.07.29
                                                                                                                                                                                                                                       

 2011年3月のダイヤ変更以降、朝の通勤ラッシュの時間帯に運転される608列車/吉野6時00分発〜大阪阿部野橋ゆき特急が、橿原神宮前〜大阪阿部野橋間で常に8両編成(2連車4編成)で運転されるようになったが、29日(金)にはこの列車にVVVF車(インバータ車)による4重連の8両編成で運転された。
 南大阪線系所属のVVVF車は16400系2編成と16600系2編成しか在籍しておらず、そのすべてが組成対象となった。
 編成は大阪阿部野橋方から16600系YT01+YT02+16400系YS02+YS01と、それぞれの型式の重連同士の併結となった。

 なお、このVVVF車による4重連は初めてではなく、今月1日には今回の組成と全く逆(大阪阿部野橋方からYS01+YS02+YT02+YS01)で運転されている。

 さくらライナーSL02のリニューアルが完成/運用復帰すると、この608列車の吉野方は今年4月4日に前例があった通り16000系Y08-Y51が受け持つことになっており、このVVVF車による4重連はその時まであと何回実現するか・・・というところである。

 
今回運転されたVVVF車16400系および16600系による4重連8両編成。計4編成が全て組成対象となるこの状態は
まさに『希少価値』であるに違いない。                                                              【2枚とも 2011.07.29 7:18頃 今川】


こちらは今月1日に運転された同列車。                                      【2枚とも 2011.07.01 7:12頃 高見ノ里〜河内松原】