記事記述:2011.07.25
                                                                                                                                                                                                                                       

 道明寺駅構内の道明寺線入線および事業用車両の入出場に使用されている、本線渡り線分岐器の交換が今月上旬に行われたが、この分岐器に従来の木製枕木に変わり新しくFFU枕木が導入された。

 分岐器は通常のレール固定とは異なり、固定釘や固定ばねの設置が複雑な為、樫や栗・ニセアカシアなどの堅くて加工のしやすい木材が使用されるが、耐久性の観点からFFU枕木に置き換えられるケースが増えてきている。

 FFUとは『ガラス長繊維強化プラスチック発泡体』という材質のことで、PC枕木(プレストコンクリート)に比べ木製枕木並みに軽量で、PC枕木並みの強度が確保できるほか、加工が簡単であるという利点がある。

 FFU枕木は、近鉄グループでは奈良線八戸ノ里〜東花園間の連続立体工事にて東花園駅構内の分岐器に使用されたのが最初で、南大阪線系では道明駅構内が初採用となった。

 
新しくFFU枕木使用の分岐器に交換されたのぼり線分岐器(画像)と下り線分岐器(画像堰j。くだり線
分岐器の手前の道明寺線分岐器の固定方法と比べると固定方法や位置の違いがよくわかる。
                                                                               【2枚とも 2011.07.25 道明寺/車内から撮影】