記事記述:2011.06.18
                                                                                                                                                                                                                                       

 通勤車両では最古参となる6020系C23が、今回で10回目となる定期検査を無事終了し、運用復帰した。

 定期検査では新たに新型ATS・デッドマン装置、転落防止装置が装備されたほか、運転台メータパネルには戸締灯も追加となっている。
また、モ6023の主抵抗器が一部更新されている。

 同編成は、先に廃止された同系C21より約7年、C27より約6年延命されたことになる。

 なお、近畿日本鉄道の会社事情により2011年度の通勤車両増備計画はなく、逆に通勤車両の保有両数削減が懸念されているが、同編成が定期検査を無事終えていることから、あと最低4年は運用が続くものと思われる。
 今後、これから定期検査を受ける同系C25、C29の動向が気になるところである。



定期検査を終え、藤井寺ゆき普通列車の運用に就くC23。
                                    【2011.06.17 21:04頃 河内松原】


   
定期検査時に車体やクーラーキセが再塗装されている。         車両連結部には転落防止装置が取り付けられたほか、主
                                                                                     抵抗器の更新も伺える。

   
新型ATS・デッドマン装置を搭載し、更新されたATS地上子。  新型ATS搭載に伴い、戸締灯も新たに追加されている。