記事記述:2011.05.19
                                                                                                                                                                                                                                      

 南大阪線系は希少編成が多数存在することで知られているが、その希少編成どうしの重連運転が19日に多数見られた。
なかでも特筆すべきは2編成しかない6422系Mi30・Mi31の重連や、ゴールデンウィーク中に運転された『葛城高原号』にも充当された6820系が再び重連となったことである。


朝の通勤特急である608列車に充当された16400系YS02+YS01+16000系Y09+Y07。いわゆる16400系重連
と16000系B更新車重連が併結した状態。                                                      【2枚とも 2011.05.19 7:19頃 今川】



古市出庫時から2連車×4編成のいわゆるブツ8で3631列車/橿原神宮前ゆき急行→3730列車/大阪阿部野橋ゆき
急行の運用に就く編成ではあるが、大阪方6432系重連(画像はMi22+Mi24)に対して吉野方に2編成しかない6422
系Mi30〜Mi31を重連で併結する姿は特に珍しいと言える。                               【2枚とも 2011.05.19 7:44頃 今川】

 
富田林始発の大阪阿部野橋ゆき準急の運用に就く6600系   大阪方から6020系C35+C31の3連車同士の重連。
FT01+FT04。大阪方に6020系C49を併結する。               このような編成はよく目にすることができる。
                                            【2011.05.19 7:54頃 今川】                                              【2011.05.19 7:31頃 今川】


5月1日から5日までの5日間、重連を解くことなく臨時急行『葛城高原号』に充当され続けた6820系重連(AY21+AY22)
が、編成組成は前回とは逆(大阪阿部野橋方からAY22+AY21)だが、再び重連となった。画像は9236列車/橿原神
宮前発古市止めで、古市車庫入庫直前のもの。                                               【2枚とも 2011.05.19 23:23頃 古市】