記事記述:2011.04.17
情報提供:臨時急行氏・南★近ファン氏
                                                                                                                                                                                                                                       

 先週の9日(土)と10日(日)に運転本数減で運転再開となった快速急行『さくら号』であるが、その翌週となる16日(土)と17日(日)も同列車を運転した。同列車は運転計画では15日(金)までとしていたが、吉野の桜の開花状況を考慮して運転期間延長に至った。


大阪阿部野橋10:00発の『さくら号』に充当された6020系
C49。                                 【2011.04.16 10:04頃 矢田】

 なお16日と17日には、『さくら号』としては異例の、橿原神宮前⇔吉野間のダイヤを往路2列車・復路2列車設定した。橿原線連絡を目的とした設定で、橿原神宮前駅では橿原線1番ホームの向かいの、通常団体列車扱いを行う南大阪線8番ホームでの発着となった。
 また、復路の【快速急行 橿原神宮前】ゆきの表示幕設定がもともとないため、大型系統板による行先表記となった。これは今年2月11日に運転された『明日香風の道ラジオウォーク号』に使用された大型系統板による【快速急行 飛鳥】ゆきと同じ表記になっている。
 この列車に充当された編成は6020系C31(1本目)と同系C77(2本目)で、いずれも3連車であった。

この列車は来シーズンも、もしかしたら設定されるかもしれない。


大型系統板による種別行先表記となった6020系C31充当の
『さくら号』
  【2011.04.16 18:10頃 橿原神宮前/画像提供:臨時急行氏】