記事記述:2011.03.28
記事修正:2011.03.30
                                                                                                                                                                                                                                       

 リニューアルのため運用を離脱している26000系さくらライナーSL01が、リニューアル工事を終え五位堂検修車庫を出場した。
3月28日正午前に吉野方2両が電動貨車モト98+モト97に挟まれ、橿原神宮前に回送された。残りの大阪阿部野橋方2両も29日中に回送、組成を元に戻し30日には試運転を行うもよう。

今回のさくらライナーのリニューアルでは、喫煙室の設置、運転室後部に展望デッキを兼ねた乗降台の新設、デラックスシート車の採用などであるが、最大の変更点は吉野の山緑をイメージした緑系の配色から吉野の桜をイメージした桜色の配色に変更となったことと、先頭車の運転室上下部に黒縁を追加したことで、カラーリングにかなりの変更が加えられている。

細かい点では、乗降扉上部に雨樋の設置、業務用プラグドアの廃止、運転室側窓の窓枠がシリーズ21タイプに変更、さくらライナーのロゴを変更となっている。

なお、走行装置の変更、標識灯の変更、行先方向幕のLED化は行われていない。


 
五位堂検修車庫を出場し、橿原神宮前に電動貨車モト98+モト97によって回送されてきた、さくらライナー26000系SL
01の吉野方2両。大阪阿部野橋方2両は翌日に回送されてくるであろう。              【2011.03.28 11:52頃 橿原神宮前】


新カラーリングとなったさくらライナーSL01。これが本来のさくらライナーの姿なのかもしれない。

 
運転台後部にマーキングされたさくらライナーの新ロゴ。        客室と乗降デッキの間に新たに設置された喫煙室。新型Ace(22600系/16600系)に準じた喫煙室となっている。
運転室側窓の窓枠はシリーズ21タイプに変更となっている    またスクリーンタイプの転落防止幌や乗降扉上部の雨樋も伺える。行先方向幕は従来どおり変更はない。
のが伺える。