記事記述:2011.03.26
                                                                                                                                                                                                                                       

東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災者の方々に謹んでお見舞い申し上げます。


 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響が、関西各鉄道会社にも影響が出始めている。
鉄道車両の走行に欠かせない電動機の部品の調達が止まっているためで、近鉄でもこのまま部品の供給が復旧しない場合、6月ごろから使用できない車両が出てくるため、営業運転列車の車両編成の縮小や運転本数の削減などの対応策を検討すると報じた(この記事へのリンクはこちら)。

 また、これに先立ち、南大阪線で毎春運転している臨時快速急行『さくら号』の運転も中止すると報じている(この記事へのリンクはこちら)。

なお、近鉄以外では、JR西日本が4月2日から通常の70%〜90%での運転本数に見直すとしている。(JR西日本の記事へのリンクはこちら)。