記事記述:2011.03.22
                                                                                                                                                                                                                                      

 バリアフリー対応化の為のエレベータ設置工事を行っていた南大阪線・古市駅であるが、このほど完成し、供用を開始した。
橋上駅舎に対するエレベータと跨線橋であるが、スムーズに移動できるように設置されている。タイプ的には道明寺駅に設置されたものと同タイプで周囲が鉄線入りガラスによるスケルトンとなっている。
 また、これと同時に橋上駅舎内コンコースの行先案内表示装置も液晶式に交換され稼働している。

 
古市駅くだり1〜2番ホームとのぼり3〜4番ホームへの設置工事が完了したエレベータ。           【2枚とも 2011.03.22】



増設したエレベータ利用の為の跨線橋。1〜2番ホームから(画像)と3〜4番ホームから(画像堰jの俯瞰。
                                                                                                                         
         【2枚とも 2011.03.22】


橋上駅舎内コンコースに設置された液晶式行先表示装置。
                           
                                 【2011.03.22】