記事記述:2011.03.05
記事更新:2011.03.09
                                                                                                                                                                                                                                       

 バリアフリー対応化の為のエレベータ設置工事を行っている南大阪線・古市駅に、液晶式行先案内表示装置が設置され、2月下旬から稼働している。この行先案内表示装置は、近鉄全線で置き換え工事を進めている同機種で、南大阪線系では大阪阿部野橋、土師ノ里に次いで3例目となる。 なお、のぼりホーム(3番ホーム〜4番ホーム)用は2月下旬、くだりホーム(1番ホーム〜2番ホーム)用は3月上旬から稼働している。

 
古市駅のぼり3〜4番ホームのエレベータ設置工事部に設置された液晶式行先表示装置。         【2枚とも 2011.02.28】



古市駅のぼり3〜4番ホームのやや中間位置に設置された液晶式行先表示装置。                    【2枚とも 2011.02.28】


くだりホームの液晶式行先表示装置未設置の状態。
                           
                                【2011.02.28】


古市駅くだり1〜2番ホームに設置された液晶式行先表示装置。いままでなかった『入庫』のサインが伺える。
                                                                                                                                   【2枚とも 2011.03.07】