記事記述:2011.02.15
                                                                                                                                                                                                                                       

 現在リニューアルのため運用を離脱している26000系さくらライナーSL01が、4月2日から運用を開始することが、近鉄オフィシャルサイト『K's PLAZA』および近鉄企業情報の2月15日付の記事『「さくらライナー」リニューアルと運行開始について』で明らかとなった。

 この中で、さくらライナーのリニューアル詳細も明記されている。大まかな内容は次のとおり。

@南大阪線〜吉野線特急では初となる特別車両(デラックスカー)を1編成中に1両導入。
   → 荷物棚や仕切扉に吉野産の木材や和紙を採用するなど、上質感のある空間を目指した。
A一般車両においても、「さくらの花びら」をイメージした背もたれや、木目調を基調とした壁や床を導入し、吉野をモチーフとした空間を演出。
B車いす対応の多目的トイレを線設。
C全トイレに温水洗浄便座を採用
D運転室後部に展望スペースを設置。
   → 「アーバンライナー」などのように運転室後部にデッキ/出入台を新設。
E喫煙室の設置/全席禁煙。
F外観を「さくら色」を基調としたカラーリングとし、『さくらライナー』のイメージを一新。

 デラックスカー利用時は、アーバンライナーや伊勢志摩ライナーの平成23年3月16日改定の特別料金設定を同じく、1〜80`200円の設定となり、大阪阿部野橋〜吉野間での利用は特急料金+特別料金で700円となる。

なお、残り1本のSL02も本年秋を目途にリニューアルを終える予定で、さくらのシーズンには新旧2編成が稼働する為、朝の3608レでは新旧カラーの重連も見られることであろう。

   
現在リニューアル入場中のさくらライナー26000系SL01。    新旧カラーでの重連や並びがしばらく見られる。
                                                      【2010.08.01 尺土】                                                     【2006.03.05 吉野口】