記事記述:2011.02.13
                                                                                                                                                                                                                                       


 今年で30回目を迎えた毎日カルチャースペシャル『明日香風の道ラジオウォーク』を記念して、参加者の便宜を図るため、開催〜終了時間に合わせて南大阪線・大阪阿部野橋〜吉野線・飛鳥間で臨時列車を運転した。
 当日は雪の降りしきる中、大きなダイヤの乱れもなくほぼ予定時刻に運転した。

 往路は大阪阿部野橋始発・飛鳥ゆき快速急行を4列車/橿原神宮前始発・飛鳥ゆき快速急行を4列車、復路は飛鳥始発・大阪阿部野橋ゆき急行を4列車/飛鳥始発・橿原神宮前ゆき普通を1列車、をそれぞれ臨時列車として運転した。

 往路の快速急行は特製ヘッドマークと大型系統板を掲出、復路の急行は特製ヘッドマークを掲出し運行した。また、橿原神宮前始発の列車は橿原線からの乗り換えに便利なように、橿原神宮前1番ホーム横の8番ホームからの発車とした。




往路の『快速急行・飛鳥』ゆきに大型系統板を装着しているようす(画像)。掲出した特製ヘッドマーク(画像)と大型系統板(画像堰j。
                                                                                                                                                                                      【3枚とも 2011.02.11 7:54頃 大阪阿部野橋】

   
1本目/大阪阿部野橋8:00発充当の6020系C45。           2本目/大阪阿部野橋8:30発充当の6200系U13。          4本目/大阪阿部野橋9:30発充当の6200系U01。
                               【2011.02.11 7:58頃 大阪阿部野橋】                                          【2011.02.11 8:31頃 河堀口】                                          【2011.02.11 9:45頃 道明寺】


 なお、大阪阿部野橋をはじめ、臨時列車の停車する駅での列車案内表示は、『快速急行・飛鳥』の設定がないため、、発車時刻と編成数のみの表示や、表示そのものをしないという措置をとった。


通常ダイヤに『快速急行・飛鳥』ゆきの設定がないため、何も表示をしない措置をとった大阪阿部野橋のLED表示装置。