記事記述:2010.11.13
                                                                                                                                                                                                                                     

 毎年10月14日『鉄道の日』に因んで行われる『きんてつ鉄道まつり』が、今年も例年通り五位堂検修車庫にて開催された。
今年は例年の10月開催ではなく、11月13日(土)〜14日(日)の2日間の開催となった。


きんてつ鉄道まつり会場となった五位堂検修車庫の正面門。今年はバルーンアーチが設置された。



入り口で配布された22600系フォトカードとスタンプラリーカード。


『デボ1形』の車内公開

今年は車内見物が可能となった。


きんてつ車両写真撮影会

初日である13日に車輌写真撮影会用に用意された列車群。今年はお馴染みの20000系『楽』、21000系『アーバン
ライナー・プラス』、23000系『伊勢志摩ライナー』、3220系『シリーズ21/奈良京都PRラッピング車』をメインに、定期
検査入場の12200系NS43と8400系L06が展示されていた。電気検測車『はかるくん』は南大阪線系検測の為、
展示はなかった。なお、23000系はiL03、3220系はKL03。


電車と綱引き

電車と綱引きには、今年は電動貨車モト90形(MF97+MF98)。


床下ピット探検隊

床下ピットの見学にはモト70形(MF77+MF78)。電動貨車の
床下ピット探検は珍しい。


40tクレーンの実演

今回の40tクレーンの実演は、定期検査入場中の南大阪線系通勤車両6432系Mi29/モ6429を使用。


車両機器の実演・展示

22600系/16600系用空調装置。今回初の展示。         昨年と同じく電気連結器の展示。                                    これも毎年お馴染みの連結器の展示。今年は半永久連結
                                                                                                                                                                  器に緩衝装置が繋がれていた。

駅長になろう撮影会

通勤車両の先頭車を背後に、駅員さんの制服を着用しての
撮影会。今年は大阪線系2800系AX08。


あなたも運転士『出発進行』

これもお馴染みとなっているが、今年は阪神相互直通未対応
の1252系VE52が充当。


その他展示物

検修棟横に留置の9820系EH24と休憩車両充当の5820系DF52。DF52の先頭車ク5752にはヘッドマークの飾り付けが賑やかだった。


検修棟内には2800系ク2908(画像)、6432系ク6529(画像)、1026系モ1031(画像堰jが定期検査の真っ最中だった。