記事記述:2010.10.05
情報提供:WALL氏
                                                                                                                                                                                                                                       

 1990年の登場から20年が経ったさくらライナーが、いよいよリニューアルを兼ねた車体更新が行われる。この車体更新に伴うさくらライナー1編成の運用離脱に伴い、平日朝ラッシュや土日祝日の特急車両の運用が変わる。
 南大阪線系の特急列車停車駅では、この特急運用の変更の旨を記したお知らせが、9月末頃から掲出が始まった。

 掲出内容によると、さくらライナー重連となっていた3608レ/吉野6:50〜橿原神宮前7:36発の列車の代走として汎用特急車両8連で運転されるもようで、その後の708レ/吉野7:24〜橿原神宮前8:14発の列車が2連特急車+16000系Y51-Y08からさくらライナーに変更となっていることから、3608レの代走編成にY51-Y08が含まれるものと思われる。

 なお、16600系の増備と16000系Y05〜Y06の運用継続で、さくらライナー運用離脱後も特急車両編成数が確保されるため、休み明けの平日の608レ/吉野6:09〜橿原神宮前6:52発の編成は、現状と同じく2連車4編成の8両編成で運転される見通し。


高田市駅のぼりホームの特急券売機側面に掲出されている『平日ダイヤ朝間時編成表』
(画像)と、『さくらライナー編成変更のお知らせ』(画像堰j。

 
大阪阿部野橋駅6番ホームの特急券売機横に掲出されている『さくらライナー編成変更の
お知らせ』。