記事記述:2010.09.28
                                                                                                                                                                                                                                       

 近畿日本鉄道では駅施設のバリアフリー対応の為の工事が各所で行われているが、南大阪線系でも道明寺駅・古市駅・高田市駅にエレベータが設置される。道明寺駅・古市駅は跨線橋方式で現在工事中、高田市駅は地下通路方式で現在使用中の地下通路に対してエレベータを併設する方式で9月29日から工事が始まる模様。



道明寺駅に姿を現した、バリアフリー線用の跨線橋。この両
端にエレベータが設置される。          【2010.09.27 道明寺】


古市駅では橋上駅舎からの階段/エスカレータのすぐ前方にエレベータが設置され、改札に通じるための跨線橋を増設するもよう。画像はくだりホーム、画像はのぼり線のよう
す。また、駅入り口付近(画像堰jでは基礎改良工事が行われ、軌道上には作業車両が駅構内に進入できるように木材を敷き詰める作業の途中となっていた。
                                                                                                                                                                                                             【3枚とも 2010.09.27 古市】


高田市駅では9月29日から工事を開始する旨の説明書きが高田市駅地下通路に掲出されていた。
                                                                                                    【2枚とも 2010.09.27 高田市】