記事記述:2010.09.28
                                                                                                                                                                                                                                       

 南大阪線・矢田〜河内天美間の阪神高速道路大和川線との立体交差部分工事において、元のぼり線のレールと枕木の撤去が終わり、軌道の南側から工事が始まっている。27日の段階で掘削用重機が杭打ちの為の掘削作業を行っていたもよう。



のぼり線の軌道が撤去されたことを受けて、南大阪線の南側から工事が始まっている。画像には掘削用重機が見られる。
                                                                                                                                                         【3枚とも 2010.09.27 12:31頃 1132レ車内から  矢田〜河内天美】