記事記述:2010.09.15
                                                                                                                                                                                                                                       

 今年6月中旬から五位堂検修車庫に入場していた16000系Y07が、2回目の車体更新(通称B更新)を終えて営業運転に復帰した。
当該編成は8月末には五位堂検修車庫を出場、9月上旬には南大阪線上で試運転を終えていた。
車体更新時に転落防止幌を装着、先に車体更新を終えている同系Y08+Y51やY09と同じスタイルとなり、同系のB更新は完了したことになる。
 これにより、乗降口デッキ化更新を行っていない同系Y05〜Y06の運用廃止(廃車)のカウントダウンに入った可能性がある。


 
車体更新を終え運用復帰した16000系Y07。                    車体更新時に装着した転落防止幌が伺える。
                     【2010.09.15 16:48頃 高見ノ里〜河内松原】                       【2010.09.15 16:48頃 高見ノ里〜河内松原】