記事記述:2010.08.02
情報提供:メジロバゾー氏
                                                                                                                                                                                                                                      

 毎年8月1日に行われるPL教団教祖祭が、今年も予定通り行われた。これに伴いPL花火芸術の観覧客の便宜を図るため、午後から大阪阿部野橋〜富田林間で準急の大増発を行った。
 今年は日曜開催ということで、大阪阿部野橋〜富田林間中心で準急列車を運行、大阪阿部野橋〜河内長野間と古市〜橿原神宮前間で普通列車を運行という形で単純なダイヤとなったが、大阪阿部野橋15:30発富田林15:58着の1本のみ、ダイヤ未掲出で臨時特急を運転した。
 臨時特急は近鉄オフィシャルサイト『K's PLAZA』(URL: http://www.kintetsu.co.jp)のお知らせ『「PL花火芸術野外観覧券付乗車券」発売』の記事での記載通りさくらライナー重連での運転となった。方向幕は『貸切』、先頭部および最後尾には『PL花火芸術号』のヘッドマークが掲出された。


 
PL花火臨に充当される6020系C43。大阪阿部野橋〜富    河内長野ゆき各駅停車の満員の車中から見えたPL花火芸術。富田林駅では毎年のごとくごった返していた。
田林間の準急はすべて8両で運転された。                                                                                     【2枚とも 2010.08.01 20:10頃〜20:17頃 喜志〜富田林 同一列車内から】
                                          【2010.08.01 18:45頃 古市】

 
『PL花火芸術号』として長野線に乗り入れた26000系さく     重連での臨時特急という大役をこなし、通常運用に戻った
らライナー/SL02+SL01。先頭部にヘッドマークを掲げる。   26000系さくらライナーSL01。
【2010.08.01 15:51頃 古市〜喜志/撮影:メジロバゾー氏】                                             【2010.08.01 19:23頃 尺土】