記事記述:2010.07.18
情報提供:WALL
関連記事:時事通信社/http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date4&k=2010071500654
                                                                                                                                                                                                                                       

 時事通信社/2010.07.15付報道によると、近畿日本鉄道は15日までに、南大阪線系フラグシップ特急車両26000系『さくらライナー』のリニューアルを実施する計画を打ち出したとある。
事実、『さくらライナー』デビューから20年が経過、車体更新の時期が迫っているのも事実で、これを機にリニューアルを実施するものと推測される。

リニューアルの概要は、
 1.カラーリングを車体裾のグリーンのグラデーションから、吉野の桜をイメージした色に変更。
 2.内装壁面などに木質系の素材を使用。
 3.快適性に拘った座席に変更。
 4.喫煙室を全編成中1か所に設け、全席禁煙にして分煙を徹底。
とある。

このリニューアルを2編成で4億円をかけ、来春に1編成を完成させるという。

 
『さくらライナー』が桜のイメージを受けて進化する。果たしてどのような次世代『さくらライナー』が誕生するのか?              3608レのお決まりの『さくらライナー』重連。これも様変わ
                                                                       【画像 2004.04.07 吉野神宮/画像 2005.04.09 岡寺〜飛鳥】   りする。                     【2010.04.12 高見ノ里〜河内松原】