記事記述:2010.07.18
                                                                                                                                                                                                                                       

 先月末ごろから定期検査の為五位堂検修車庫に入場していた6400系Mi01が、営業運転に復帰した。
今回の定期検査では、先に検査入場時などに装着されたポールタイプの転落防止装置は装着されなかった。
代わりに、車体やクーラーキセなどが再塗装され、インバータ車両の印である『VVVF』ロゴのステッカーが剥がされている。

なお、床材の張替えや、デッドマン装置・新型ATSの装備などもなかった。



定期検査を終え、運用復帰した6400系Mi01。インバータ車である証の『VVVF』ステッカーが撤去、車体が再塗装された(画像)が、転落防止装置が装着されず(画像)、床材
の張替え(画像堰jなどもなかった。                                                                                                                                                       【3枚とも 2010.07.18 河内松原】