記事記述:
2010.06.19
                                                                                                                                                                                                                                       

 新型特急車両16600系は3月上旬に近畿車輛より納入、長期間の留置、1ヶ月の試運転を経て、ようやく営業運転へとこぎつけた。
同列車は前日には近鉄関係者同乗による試乗会を行い、夜には天美車庫13号線に重連で入庫となっていた。
営業開始当日朝は重連のまま同車庫内の洗車機で洗車、その後ふたたび13号線に入線し重連を解いた。

営業初運転は大阪阿部野橋10:40発4009レにYT02、大阪阿部野橋11:10発1109レにYT01と、それぞれ単機での充当となった。


 
洗車を行い出庫を待つ16600系YT02/YT01。営業運転を終えて入庫してきた16000系Y09との並びも実現。約45年の進化が伺える。
                                                                                                                                                                               【3枚とも 2010.06.19 8:56頃〜9:28頃 天美車庫】


13号線にて重連を解消、それぞれ単機で出庫する16600系。写真手前と写真奄ヘYT02。
                                                                                          【2枚とも 2010.06.19 10:02頃〜10:13頃 天美車庫】


大阪阿部野橋10:40発4009レ、吉野12:05発1208レに充当された16600系YT02。写真奄ヘ26000系SL01と並ぶYT02。
                                                                                                                                  【写真2010.06.19 11:04頃 二上山/写真2010.06.19 12:45頃 橿原神宮前】


16600系の先頭部と側面のLED表示装置の『大阪阿部野橋』の標記。