記事記述:
2010.06.07
                                                                                                                                                                                                                                       

 5月上旬から南大阪線および吉野線で試運転を続けてきた新型特急車両16600系YT01が、今月5日橿原神宮前台車振替場にて、台車履き替えとみられる作業を行っていた。
 一連の試運転および計測データ収集を完了したことを受け、制御装置等のモニタケーブル取り外しの為に五位堂検修車庫に入場するものと思われる。

 同編成の営業運転が19日開始と迫っているため、今週末には南大阪線へ戻されるであろう。


 
橿原神宮前台車振替場にて作業を受ける16600系YT01。ブレーキ伝達装置の一部が外されているため、仮台車への履き替え作業とみられる。制御装置にはモニタケーブルが装
着されたままの状況だった。
                                                                                                                                                            【3枚とも 2010.06.04 橿原神宮前】