記事記述:
2010.05.13
                                                                                                                                                                                                                                       

 3月上旬に南大阪線へ搬入となった16600系2編成のうち、16601Fがゴールデンウィーク明けの5月6日から、ようやく本格的に試運転が始まった。
 5月6日は、伴車として同じくインバータ制御車である16400系と併結して試運転を行い、その後16600系単独での試運転を続けている。
試運転は主に日曜を除く午前1往復、午後1往復に行われており、しばらくは制御装置の作動状況等のデータ収集が行われるもよう。

なお、同系16602Fは天美車庫で留置状態となっている。

16600系試運転の時刻
午前 午後
下り 上り 下り 上り
古市 10:15 11:15 15:15 16:15
尺土 10:31 11:01 15:31 16:01
高田市 10:33 10:57 15:33 15:57
橿原神宮前 10:37 10:51 15:37 15:51



雨の降りしきる中、制御装置の稼働状態のデータ収集のために試運転を行う16600系16601F。   【3枚とも 2010.05.10 10:32頃 高田市/10:49頃 坊城〜橿原神宮西口堰z


制御機器類のデータ収集のための配線が張り巡らされている。


先頭面と側面奄フ行先表示装置。


高田市駅の反転式行き先案内表示装置。